ホーム > 故島津久厚 学習院名誉院長の学習院葬挙行

故島津久厚 学習院名誉院長の学習院葬挙行

2014/09/30

 平成26年8月2日に逝去された故島津久厚学習院名誉院長(第23代学習院長 平成5年8月14日~平成14年8月13日)の学習院葬を執り行いました。

 
波多野敬雄学習院長 式辞
 
 
 
 
 
式辞
 
去る8月2日 95歳の長寿を全うして永眠されました第23代学習院長 故島津久厚名誉院長のご功績を讃え、ここに学習院葬を執り行います。
島津名誉院長は、平成5年8月14日より平成14年8月13日までの3期9年の長きにわたり、学校法人学習院の理事長・院長の重責にあたられました。
この間、平成3年度から10年計画で開始した「学習院21世紀計画」、それに続く平成14年度開始の「学習院新長期計画」の二つの事業計画の中で、施設面では、本部・教室棟建築、幼稚園園舎、中・高等科校舎の改築、大学西2号館の着工等を実現し、また、平成10年には女子短期大学から四年制女子大学への改組を実現し、更には、生涯学習センターの開設等、学習院の21世紀の発展への礎を築かれました。
学習院での業績にとどまらず、宮崎県都城島津家ご当主でもあられた島津名誉院長は、幾多の公職を務められ、紺綬褒章、農林大臣賞、藍綬褒章、都城市からの特別功労章、名誉市民の称号を得られ、更に平成21年春の叙勲では旭日重光章の栄に輝かれました。  
島津名誉院長は、当時の女子学習院幼稚園から、初等科、中等科、高等科理科をご卒業され、東京帝国大学農学部ご進学までを学習院に過ごされました。
卒業生としては桜友会の活動に尽力され、父母としては父母会会長をお勤めいただく等、長きに亘り学習院の発展にお力を尽くされましたが、特に柔道で鍛えられたお元気さと明るさ、そして温厚なお人柄は、誰からも敬愛された院長として記憶に残るところであります。
ここに、故島津久厚名誉院長に深甚なる感謝の念と併せて心よりのご冥福をお祈りいたします。
残された学習院関係者一同としては、心を新たにし、学習院のさらなる発展に力を尽くしますことをお誓いして式辞といたします。
 
平成26年9月28日   
  葬儀委員長 
      学習院長 波多野 敬雄

ページの先頭へ