ホーム > 学習院職員の永井崇匡が、東京2020パラリンピック柔道日本代表選手として選出されました

学習院職員の永井崇匡が、東京2020パラリンピック柔道日本代表選手として選出されました

2021/07/08

7月2日、日本パラリンピック委員会より東京2020パラリンピック日本代表選手団の第一次発表が行われ、学習院に職員として所属する永井崇匡がパラリンピック柔道73kgの日本代表選手として選出されました。

永井崇匡のコメント
「2013年に東京2020オリンピック・パラリンピックの開催が決まった時から、東京を一番の目標にして準備をしてきました。内定をいただいた時から思っていたことではありますが、今回正式に選出されたことで日本の代表としての覚悟が決まりました。目標はもちろん金メダルです。残り2か月弱ですが、その中でできる
準備をしっかりとして臨めば良い結果は出ると思っています。自分の柔道をすることができれば優勝できると思っています。

皆さまには、普段から練習環境も含めて様々な面での応援や支援をいただいて感謝しています。それに対して自分ができる最高の恩返しはパラリンピックで金メダルを獲ることだと思っています。最高の結果をご報告できるようしっかりと準備をしていきます。」

パラリンピック柔道の競技スケジュールは8月28日(土)10:30からです。オール学習院で応援しましょう!

関連リンク:日本パラリンピック委員会公式サイト 7月2日日本代表選手団選出ニュース
関連リンク:東京オリンピック・パラリンピック公式サイト パラリンピック競技スケジュール(柔道)

 

ページの先頭へ